< カフェメニューのご案内 >

ねまりやでは「こころとからだを健やかに」をテーマに、でき得る限り、
「身近で、健全な、愛のこもった、昔ながらの手法で、美味しいもの」
をご提供することを目指しています。

ねまりやはなんもかんも自分で成し遂げようとは思いません。
暮らしのコミュニティーを夢見ているので、人の手はどんどん借りちゃいます。
店主のモチベーションに合わせてメニューを増やしてゆきますので、どうぞお楽しみに♪

どうぞ楽しい時間をゆるりとねまりにいらしてください☆
(ねまる=佐渡弁で、座る、ゆっくりしていけや〜、などの意味)


 
 ねまりやの看板飲み物 
◆◆ CHAI / チャイ ◆◆
 
近頃では皆さんご存じの「インド式ミルクティー」です。
大阪はチャイの老舗「カンテ・グランデ」から茶葉を仕入れております。
茶葉の香りが高いのが自慢です。店主の青春の味。笑。
 
・プレーン・チャイ(まずはプレーンでお楽しみ下されば!)
・カルダモン・チャイ(爽やかな柑橘にも似たスパイス入り)
・ジンジャー・チャイ(フレッシュな生姜が体をポカポカ温めてくれます)
・シナモン・チャイ(上品な甘い香りのスパイス
・アニス・チャイ(ミントに似た爽やかな甘い香りのスパイス)
・スパイスミックス・チャイ(ご希望に応じてスパイスをミックスします)

豆乳 or 牛乳をお選び下さい。
 


 
 まったり味わって欲しい!
◆◆ Coffee / コーヒー ◆◆

私が知る上で一番美味しくて感動した焙煎屋さんから豆を仕入れています。
群馬県の山奥で、古い直火式焙煎機をギィギィ言わせながら焙煎しているそうです。
(まだ訪ねたことはないのだけれど。いつかギィギィ聞きに行きたい。)
野性味溢れ、力強く、そして愛のこもった「Kaffa」さんのコーヒーです。

・Kaffaブレンド
小規模・伝統的農業法で作られたエチオピアの豆と
 オーガニック認証を受けたグァテマラ豆のKaffaブレンドです。
 コクの深みと香りの甘み、絶妙な煎りのバランスをお楽しみ下さい。

・ティモール・ロロサエブレンド
ティモールのワイルドなコーヒージャングルで採取される豆を
 ハイとフレンチ半分こにブレンドしたフェア・トレードコーヒー。
 純粋な透け感があり、純粋ゆえの荒々しさもどこからか漂ってくるような。
 コーヒー好きな方に是非オススメです。

写真は後ほど〜〜。てへ。

<KaffaさんのHP>
http://kaffa.net/domain/?

 
〜 心と体にしみこむ 〜
 ◆◆お食事 ◆◆
だいたい10人前ほどの仕込みです。
確実にご賞味されたい方はご予約下さい。
(tel 090-6625-4022)



< 根菜ステーキランチ >

ねまりやで仕込んだ手前醤油の味が楽しめる根菜ステーキ。
小鉢とお漬物は季節の山菜や野草をシンプルに調理したものが入ります。
それぞれの素材の味を素朴に楽しんで下さい☆



< 根菜と打ち豆のフィジースパイスカレー >

南の島フィジー産のカレースパイスを使ったトマトベースのカレーです。
フィジーでは1800年代後半にインド人が入植したことにより、
インドのスパイス文化が浸透していったようです。
香りが高く上品なスパイス配分。辛くはありません。

スパイスは体を温め発汗作用を促進したのち冷やします。
体を芯から温める根菜と新潟自慢の打ち豆(大豆を潰して乾燥させたもの)
でバランスを取ってみました。ぜひご賞味下さい♪
インドのヨーグルトサラダ「ライタ」を添えて。




健やかな素材にこだわります
◆◆ スイーツ ◆◆

< はるみ先生の野草ケーキ >
平清水(ねまりや所在地)の誇る野草研究家 菊池はるみさんレシピのケーキ☆
季節を味わいながらメニューは変わります。
生クリームではなく優しい甘さの「豆腐クリーム」が付いています。

<5月のケーキ>は「ヨモギ・シフォン」です。

<4月のケーキ>は「クロモジ・ショコラ」です♪



クスノキ科の黒文字は枝の容姿はそのまま、古くから高級楊枝として利用されています。
白砂糖は体を冷やすのでチョコは少なめ。
代わりにイナゴ豆から作られるキャロブパウダーとてんさい糖を使用しています。
自家製豆腐クリームを添えて。写真はチャイとのセットです。

 







 

カテゴリーから探す

コンテンツ